静岡県 セキュリティ総合サービス 鈴与セキュリティサービスは、防犯 非常 防火 緊急時の安心をお約束します。

ビジネスセキュリティ
トップページ > ビジネスセキュリティ > 機械警備機器のご紹介

機械警備機器のご紹介


送信機

機器メーカーにより名称は異なりますが、警備対象物件に施したセンサー類が異常を感知した時に、警備会社の監視センターに異常信号を送る機器です。

送信機
 

電源装置

一般交流100Vの電源を、警備用センサー類に必要な交流V12に変更するための装置。又、停電時に、約20分警備システムを稼働させるための装置でもあります。

電源装置

リモートコントロール

機器メーカーにより名称は異なりますが、通称「カードリーダー」とも呼び、対象物件に施した機械警備システムをセット及び解除する装置です。

リモートコントロール
 

操作カード/タグ

「リモートコントロール」を操作する為の機具(カード又はタグ)で、最近では、非接触型が普及しています。

操作カード/タグ

センサー類

(1)マグネットセンサー
マグネットスイッチとも呼び、主に扉及び窓に施すセンサーで、扉又は窓が開放されると流れていた電流が遮断され、異常を感知します。

マグネットセンサー
 
(2)熱線センサー
(パッシブセンサー)
赤外線センサーとも呼び、警備対象物件内の侵入者の人体から発せられる熱(赤外線)を検知し、異常を感知します。

熱線センサー(パッシブセンサー)

(3)定温式熱感知器
火災異常を感知する為のセンサーで、主に台所に施し、一定以上の熱(通常、摂氏70度以上)を検知し、火災異常として感知します。

定温式熱感知器
 
(4)差動式熱感知器
火災異常を感知する為のセンサーで、一般事務室等に施し、急激な温度上昇率による温度変化を火災異常として感知します。

差動式熱感知器
※警備対象物件が大規模の場合は、自動火災報知設備が消防法により施され、その場合は、上記(3)及び(4)は設置せず、自動火災報知設備と警備システムを連動させ、火災を感知した場合、警備会社の監視センターに異常が送信されるシステムとします。

(5)フラッシュライト
警備対象物件の外部に設置し、警備システムが異常を感知した場合、ライトが高輝度で点滅し、外部に異常発生を知らしめます。

フラッシュライト
 
(6)アラームベル
フラッシュライトと同様に、警備対象物件に異常が発生した場合、周囲への報知と、侵入者への威嚇の為、ベルが鳴ります。(フラッシュライトと併用する場合が多々あります。)

アラームベル



お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ
お問い合わせ
鈴与セキュリティサービス

〒424-0844 静岡県静岡市清水区西高町5番14号
Tel:054-354-0753/Fax:054-354-5675/E-mail:s-secu@s-secu.co.jp